シンポジウム

計算メディカルサイエンス事業部発足キックオフシンポジウム(2019/12/6)

計算メディカルサイエンス事業部発足キックオフシンポジウムの開催についてご案内いたします。

 

 

 

[ポスターPDF]

開催案内

タイトル 計算メディカルサイエンス事業部発足キックオフシンポジウム
主催 筑波大学 計算科学研究センター
日時 2019年12月6日(金)9:00-17:30
会場 筑波大学 計算科学研究センター 国際ワークショップ室
参加費 無料 懇親会費 3,000円
アクセス 筑波大学までのアクセス / CCSアクセスマップ
問い合わせ シンポジウム問い合わせ窓口
pr[at]ccs.tsukuba.ac.jp
スパム防止のためアットマークを[at]と表示しています。
送信の際は[at]は@に置き換えていただくようお願いいたします。

プログラム

9:00-9: 10 開会挨拶
梅村 雅之(筑波大CCS・計算メディカルサイエンス事業部長)
Session 1 計算生体分子医科学 座長:重田育照
9:10-9:30 「中分子環状ペプチドの膜透過性を評価する分子シミュレーション手法の開発」
原田 隆平(筑波大CCS)
9:30-9:50 「分子動力学シミュレーションを用いた標的タンパク質の分子認識機構の解明」
吉野 龍之介筑波大医学医療系
9:50-10:10 「ペプチド創薬支援のための膜透過性および血漿タンパク質結合率予測」
秋山 泰東工大
10:10-10:30 「インシリコ創薬の手法を用いたキナーゼ阻害剤の開発」
藤本 和宏(名古屋大)
休憩(10:30-10:50)
Session 2 睡眠ビッグデータ解析・自動診断   座長:天笠俊之
10:50-11:10 「『眠気』の実体とはなにか?」
柳沢 正史(筑波大IIIS)
11:10-11:30 AIが実現する家庭での睡眠計測ビジネス」
藤原 正明(株式会社S’UIMIN)
11:30-11:50 「機械学習を用いた睡眠データ自動解析-全体概要とマウス睡眠解析-」
北川 博之(筑波大CCS)
11:50-12:10 「機械学習を用いた睡眠データ自動解析-ヒト睡眠解析-」
堀江 和正(筑波大CCS)
昼休憩(12:10-13:20) 
Session 3 3DCGバーチャル手術 座長:北原格
13:20-13:40 「肝切除ナビゲーション開発の挑戦」
大城 幸雄(東京医科大学)
13:40-14:00 「可搬型マルチモーダル医療シミュレータ」
矢野 博明(筑波大システム情報系)
14:00-14:20 「逐次更新による大変形有限要素法シミュレーション」
黒田 嘉宏(筑波大システム情報系)
14:20-14:40 「3次元人物追跡を応用した手術支援の可能性と課題」
宍戸 英彦(筑波大CCS)
休憩(14:40-15:00)
Session 4 計算光バイオイメージング  座長:梅村雅之
15:00-15:25 「光学特性値と生体内光伝搬数理モデル」
星 詳子 (浜松医科大学)
15:25-15:50 「CT画像再構成法の進歩と深層学習への期待」
工藤 博幸(筑波大システム情報系)
15:50-16:15 「生体光イメージングに向けた並列輻射輸送計算コードの開発」
矢島 秀伸(筑波大CCS)
パネルディスカッション-分野間連携を見据えて-
16:15-17:30

総合司会:
梅村 雅之(筑波大CCS計算メディカルサイエンス事業部長

パネリスト
・重田 育照(筑波大CCS
・北川 博之(筑波大CCS
・北原 格(筑波大CCS
・工藤 博幸(筑波大シス情

懇親会(17:30- 会議室A)