原子核物理研究部門

名前 所属 職名
中務 孝 教授/部門主任
矢花 一浩 教授
橋本 幸男 講師
日野原 伸生 助教
Wen Kai 研究員
氏名 中務 孝
Name Nakatsukasa Takashi
所属
所属研究科/学類 数理物質科学研究科/理工学群 物理学類
職名 教授/部門主任
研究テーマ 計算核物理学、量子多体系の集団ダイナミクス
関連リンク
Email nakatsukasanucl.ph.tsukuba.ac.jp
氏名 矢花 一浩
Name Yabana Kazuhiro
所属
所属研究科/学類 数理物質科学研究科/理工学群 物理学類
職名 教授
研究テーマ 原子核物理学、及び原子分子光科学の計算科学的研究
関連リンク
Email yabananucl.ph.tsukuba.ac.jp
  • 研究キーワード
  • 経歴
    2004年4月
    -
    現在
    筑波大学 計算科学研究センター 教授
    2002年10月
    -
    2004年3月
    筑波大学 大学院数理物質科学研究科 教授
    1999年8月
    -
    2002年9月
    筑波大学 物理学系 助教授
    1994年11月
    -
    1999年7月
    新潟大学 理学部 助教授
    1988年2月
    -
    1994年10月
    新潟大学 理学部 助手
    1987年4月
    -
    1988年2月
    日本学術振興会 特別研究員(京都大学基礎物理学研究所)
  • 論文
    Yabana, Kazuhiro, Yamada, Shunsuke
    Phys. Rev. B 101 (16) 2020年4月
    Lucchini, M, Sato, Shunsuke A, Schlaepfer, F, Yabana, Kazuhiro, Gallmann, L, Rubio, A, Keller, U
    Journal of Physics: Photonics 2 (2) 2020年2月[査読有り]
    Takashi, Takeuchi, Masashi, Noda, Yabana, Kazuhiro
    ACS Photonics 6 (10) 2019年7月
    Floss, Isabella, Lemell, Christoph, Yabana, Kazuhiro, Burgdörfer, Joachim
    PHYSICAL REVIEW B 99 (22) 2019年6月[査読有り]
    Yatsui, Takashi, S., Okada, T., Takemori, T., Sato, K., Saichi, T., Ogamoto, S., Chiashi, S., Maruyama, M., Noda, Yabana, Kazuhiro, K., Iida, K., Nobusada
    COMMUNICATIONS PHYSICS 2 2019年6月[査読有り]
    Atsushi Yamada, Kazuhiro Yabana
    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL D 73 (5) 2019年5月[査読有り]
    Uemoto, Mitsuharu, Kuwabara, Yuki, Sato, Shunsuke A, Yabana, Kazuhiro
    The Journal of chemical physics 150 (9) 2019年3月[査読有り]
    Masashi Noda, Shunsuke A. Sato, Yuta Hirokawa, Mitsuharu Uemoto, Takashi Takeuchi, Shunsuke Yamada, Atsushi Yamada, Yasushi Shinohara, Maiku Yamaguchi, Kenji Iida, Isabella Floss, Tomohito Otobe, Kyung Min Lee, Kazuya Ishimura, Taisuke Boku, George F. Bertsch, Katsuyuki Nobusada, Kazuhiro Yabana
    Computer Physics Communications 235 2019年2月[査読有り]
    Tomohito Otobe, Yasushi Shinohara, Shunsuke A. Sato, Kazuhiro Yabana
    Journal of the Physical Society of Japan 88 (2) 2019年[査読有り]
    Attosecond-resolved petahertz carrier motion in semi-metallic TiS2
    Buades, Bárbara, Picón, Antonio, León, Iker, Palo, Nicola Di, Cousin, Seth L, Cocchi, Caterina, Pellegrin, Eric, Martin, Javier Herrero, Mañas-Valero, Samuel, Coronado, Eugenio, Danz, Thomas, Draxl, Claudia, Uemoto, Mitsuharu, Yabana, Kazuhiro, Schultze, Martin, Wall, Simon, Biegert, Jens
    arXiv: 1808.06493 2018年12月
    Yamada, Shunsuke, Noda, Masashi, Nobusada, Katsuyuki, Yabana, Kazuhiro
    PHYSICAL REVIEW B 98 (24) 2018年12月[査読有り]
    Performance Optimization and Evaluation of Scalable Optoelectronics Application on Large Scale KNL Cluster
    Boku, Taisuke, Hirokawa, Yuta, Uemoto, Mitsuharu, Sato, Shunsuke A, Yabana, Kazuhiro
    Proc. of Int. Symposium on Supercomputing (ISC) 2018 10876/2018 2018年6月[査読有り]
    レーザー加工初期過程を記述する第一原理光科学計算法
    矢花, 一浩
    レーザー加工学会誌 25 (2) 2018年6月
    Pemmaraju, C. D, Vila, F. D, Kas, J. J, Sato, S. A, Rehr, J. J, Yabana, K, Prendergast, David
    COMPUTER PHYSICS COMMUNICATIONS 226 2018年5月[査読有り]
    電子動力学シミュレーションコードのメニーコアプロセッサ とGPUにおける性能比較
    朴, 泰祐, 廣川裕太, 植本光治, 佐藤駿丞, 矢花一浩
    ハイパフォーマンス・コンピューティング研究会報告 2018年3月
    山田, 俊介, 野田, 真史, 信定, 克幸, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 73 2018年
    Floss, Isabella, Lemell, Christoph, Wachter, Georg, Smejkal, Valerie, Sato, Shunsuke A, Yabana, K, Tong, Xiao-Min, Burgdörfer, Joachim
    Phys. Rev. A 97 1 2018年1月[査読有り]
    高強度短パルスレーザー照射下にある絶縁材料の第一原理計算
    矢花, 一浩
    J. Plasma Fusion Research 94 2018年1月
    Boku, Taisuke, Hirokawa, Yuta, Sato, Shunsuke A, Yabana, Kazuhiro
    Proc. of Int. Conference on High Performance Computing in Asia-Pacific Region 2018年1月[査読有り]
    植本, 光治, 佐藤, 駿丞, 廣川, 祐太, 朴, 泰祐, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 73 2018年
    電子動力学シミュレーションARTEDのKNLシステムOakforest-PACSでの全系性能評価
    朴, 泰祐, 廣川裕太, 植本光治, 佐藤駿丞, 矢花一浩
    ハイパフォーマンス・コンピューティング研究会報告 2017年7月
    高強度超短パルスレーザーと誘電体の相互作用を記述する第一原理計算
    矢花一浩, 佐藤駿丞, 篠原康, 乙部智仁
    固体物理 Vol.52 No.3 2017年3月
    電子動力学コード ARTED による Knights Landing プロセッサの性能評価
    朴, 泰祐, 廣川祐太, 矢花一浩, 佐藤駿丞
    情報処理学会第157回HPC研究会報告2016-HPC-157 2016年12月
    第一原理計算によるレーザー加工初期過程解明
    Yabana,Kazuhiro
    レーザー研究 Vol.44 No.12 2016年12月
    Takashi Nakatsukasa, Kenichi Matsuyanagi, Masayuki Matsuo, Kazuhiro Yabana
    REVIEWS OF MODERN PHYSICS 88 (4) 2016年11月[査読有り]
    第一原理計算によるフェムト秒レーザ加工初期過程の解明
    Yabana,Kazuhiro
    第85回レーザ加工学会講演論文集 2016年6月
    電子動力学シミュレーションのステンシル計算に対するメニーコアプロセッサ向け最適化
    Boku, Taisuke, 矢花一浩, 廣川祐太, 佐藤駿丞
    2016年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2016) 論文集 2016年6月[査読有り]
    A. Sommer, E. M. Bothschafter, S. A. Sato, C. Jakubeit, T. Latka, O. Razskazovskaya, H. Fattahi, M. Jobst, W. Schweinberger, V. Shirvanyan, V. S. Yakovlev, R. Kienberger, K. Yabana, N. Karpowicz, M. Schultze, F. Krausz
    NATURE 534 (7605) 2016年6月[査読有り]
    Electron Dynamics Simulation with Time-Dependent Density Functional Theory on Large Scale Symmetric Mode Xeon Phi Cluster
    Boku, Taisuke, 矢花一浩, 廣川祐太
    Proc. of PDSEC2016 (in IPDPS2016) 2016年5月[査読有り]
    Kazuyuki Sekizawa, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 93 (5) 2016年5月[査読有り]
    電子動力学シミュレーションのステンシル計算最適化とメニーコアプロセッサへの実装
    Boku, Taisuke, 矢花一浩, 廣川祐太, 佐藤駿丞
    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 9 (4) 2016年4月[査読有り]
    Otobe, T., Shinohara, Y., Sato, S. A., Yabana, K.
    Physical Review B 93 (4) 2016年[査読有り]
    Lucchini, M., Sato, S. A., Ludwig, A., Herrmann, J., Volkov, M., Kasmi, L., Shinohara, Y., Yabana, K., Gallmann, L., Keller, U.
    Science 353 (6302) 2016年[査読有り]
    Georg Wachter, Shunsuke A. Sato, Isabella Floss, Christoph Lemell, Xiao-Min Tong, Kazuhiro Yabana, Joachim Burgdoerfer
    NEW JOURNAL OF PHYSICS 17 2015年12月[査読有り]
    Wachter, Georg, Nagele, Stefan, Sato, Shunsuke A, Pazourek, Renate, Wais, Michael, Lemell, Christoph, Tong, Xiao-Min, Yabana, Kazuhiro, Burgdoerfer, Joachim
    PHYSICAL REVIEW A 92 (6) 2015年12月[査読有り]
    Xeon Phi クラスタにおける Symmetric 並列実行による電子動力学シミュレーションの性能評価
    朴,泰祐, 廣川祐太, 佐藤駿丞, 矢花一浩
    情報処理学会第151回HPC研究会報告 2015-HPC-151 2015年10月
    Tong, Xiao-Min, Wachter, Georg, Sato, Shunsuke A, Lemell, Christoph, Yabana, Kazuhiro, Burgdoerfer, Joachim
    PHYSICAL REVIEW A 92 (4) 2015年10月[査読有り]
    T. Akahori, Y. Funaki, K. Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 92 (2) 2015年8月[査読有り]
    Yu Komatsu, Masayuki Umemura, Mitsuo Shoji, Megumi Kayanuma, Kazuhiro Yabana, Kenji Shiraishi
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ASTROBIOLOGY 14 (3) 2015年7月[査読有り]
    Yu Komatsu, Megumi Kayanuma, Mitsuo Shoji, Kazuhiro Yabana, Kenji Shiraishi, Masayuki Umemura
    MOLECULAR PHYSICS 113 (12) 2015年6月[査読有り]
    実時間実空間密度汎関数理論による電子動力学シミュレーションのXeon Phiクラスタ向け最適化
    廣川, 祐太, 朴, 泰祐, 佐藤, 駿丞, 矢花, 一浩
    情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング] 2015 (19) 2015年2月
    Sato, S. A., Yabana, K., Shinohara, Y., Otobe, T., Lee, K. -M., Bertsch, G. F.
    Physical Review B 92 (20) 2015年[査読有り]
    Sato, Shunsuke A., Taniguchi, Yasutaka, Shinohara, Yasushi, Yabana, Kazuhiro
    Journal of Chemical Physics 143 (22) 2015年[査読有り]
    Sekizawa, Kazuyuki, Yabana, Kazuhiro
    PHYSICAL REVIEW C 90 (6) 2014年12月[査読有り]
    Martin Schultze, Krupa Ramasesha, C. D. Pemmaraju, S. A. Sato, D. Whitmore, A. Gandman, James S. Prell, L. J. Borja, D. Prendergast, K. Yabana, Daniel M. Neumark, Stephen R. Leone
    SCIENCE 346 (6215) 2014年12月[査読有り]
    Massively-parallel electron dynamics calculations in real-time and real-space: Toward applications to nanostructures of more than ten-nanometers in size
    Boku,Taisuke, M.,Noda, K.,Ishimura, Kazuhiro,Yabana
    Journal of Computational Physics 265 2014年9月[査読有り]
    Georg Wachter, Christoph Lemell, Joachim Burgdoerfer, Shunsuke A. Sato, Xiao-Min Tong, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW LETTERS 113 (8) 2014年8月[査読有り]
    Shunsuke A. Sato, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW B 89 (22) 2014年6月[査読有り]
    Maxwell + TDDFT multi-scale simulation for laser-matter interactions
    A.,Sato Shunsuke, Yabana,Kazuhiro
    日本シミュレーション学会英文誌 1 (1) 2014年[査読有り]
    Sato, S. A., Shinohara, Y., Otobe, T., Yabana, K.
    Physical Review B 90 (17) 2014年[査読有り]
    Tsunenori Inakura, Takashi Nakatsukasa, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 88 (5) 2013年11月[査読有り]
    Minoru Okamoto, Toshiki Maruyama, Kazuhiro Yabana, Toshitaka Tatsumi
    PHYSICAL REVIEW C 88 (2) 2013年8月[査読有り]
    Fukuoka,Y, Shinohara,S, Funaki,Y, Nakatsukasa,Takashi, Yabana,K
    PHYSICAL REVIEW C 88 (1) 2013年7月[査読有り]
    Shinohara, Y., Sato, S. A., Yabana, K., Iwata, J. -I., Otobe, T., Bertsch, G. F.
    Journal of Chemical Physics 138 (2) 2013年[査読有り]
    第一原理計算で探るコヒーレントフォノンの生成機構(最近の研究から)
    篠原, 康, 乙部, 智仁, 岩田, 潤一, 矢花, 一浩
    日本物理學會誌 67 (10) 2012年10月[査読有り]
    Minoru Okamoto, Toshiki Maruyama, Kazuhiro Yabana, Toshitaka Tatsumi
    PHYSICS LETTERS B 713 (3) 2012年7月[査読有り]
    K. Yabana, Y. Funaki
    PHYSICAL REVIEW C 85 (5) 2012年5月[査読有り]
    Yabana, K., Sugiyama, T., Shinohara, Y., Otobe, T., Bertsch, G. F.
    Physical Review B 85 (4) 2012年[査読有り]
    Shinohara, Y., Sato, S. A., Yabana, K., Iwata, J. -I., Otobe, T., Bertsch, G. F.
    Journal of Chemical Physics 137 (22) 2012年[査読有り]
    光イオン化過程の時間依存密度汎関数理論による第一原理計算
    矢花, 一浩
    真空 54 (10) 2011年10月[査読有り]
    Tsunenori Inakura, Takashi Nakatsukasa, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 84 (2) 2011年8月[査読有り]
    K. -M. Lee, K. Yabana, G. F. Bertsch
    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 134 (14) 2011年4月[査読有り]
    Shuichiro Ebata, Takashi Nakatsukasa, Tsunenori Inakura, Kenichi Yoshida, Yukio Hashimoto, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 82 (3) 2010年9月[査読有り]
    Jun-Ichi Iwata, Daisuke Takahashi, Atsushi Oshiyama, Taisuke Boku, Kenji Shiraishi, Susumu Okada, Kazuhiro Yabana
    JOURNAL OF COMPUTATIONAL PHYSICS 229 (6) 2010年3月[査読有り]
    Shinohara, Y., Kawashita, Y., Iwata, J-I, Yabana, K., Otobe, T., Bertsch, G. F.
    Journal of Physics-Condensed Matter 22 (38) 2010年[査読有り]
    Shinohara, Y., Yabana, K., Kawashita, Y., Iwata, J. -I., Otobe, T., Bertsch, G. F.
    Physical Review B 82 (15) 2010年[査読有り]
    T. Otobe, K. Yabana, J-I. Iwata
    JOURNAL OF COMPUTATIONAL AND THEORETICAL NANOSCIENCE 6 (12) 2009年12月[査読有り]
    Y. Kawashita, K. Yabana, M. Noda, K. Nobusada, T. Nakatsukasa
    JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE-THEOCHEM 914 (1-3) 2009年11月[査読有り]
    Tsunenori Inakura, Takashi Nakatsukasa, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 80 (4) 2009年10月[査読有り]
    Y. Kawashita, T. Nakatsukasa, K. Yabana
    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER 21 (6) 2009年2月[査読有り]
    T. Otobe, K. Yabana, J-I Iwata
    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER 21 (6) 2009年2月[査読有り]
    T. Otobe, M. Yamagiwa, J. -I. Iwata, K. Yabana, T. Nakatsukasa, G. F. Bertsch
    PHYSICAL REVIEW B 77 (16) 2008年4月[査読有り]
    G. E. Ballentine, G. F. Bertsch, N. Onishi, K. Yabana
    COMPUTER PHYSICS COMMUNICATIONS 178 (1) 2008年1月[査読有り]
    Takashi Nakatsukasa, Tsunenori Inakura, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 76 (2) 2007年8月[査読有り]
    Otobe, T, Yabana, K
    PHYSICAL REVIEW A 75 (6) 2007年6月[査読有り]
    多電子ダイナミクスの量子シミュレーション : 時間依存密度汎関数理論の最近の発展
    矢花, 一浩
    日本物理學會誌 62 (6) 2007年6月
    Katsuyuki Nobusada, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW A 75 (3) 2007年3月[査読有り]
    Shinohara,Satoshi, Ohta,Hirofumi, Nakatsukasa,Takashi, Yabana,Kazuhiro
    PHYSICAL REVIEW C 74 (5) 2006年11月[査読有り]
    K Yabana, T Nakatsukasa, JI Iwata, GF Bertsch
    PHYSICA STATUS SOLIDI B-BASIC SOLID STATE PHYSICS 243 (5) 2006年4月[査読有り]
    Absorbing kernels to study Resonances in the generator coordinate method
    M Ito, K Yabana
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS 113 (5) 2005年5月[査読有り]
    K Shiratori, K Nobusada, K Yabana
    CHEMICAL PHYSICS LETTERS 404 (4-6) 2005年3月[査読有り]
    High-order harmonic generation from silver clusters: Laser-frequency dependence and the screening effect of d electrons
    K., Nobusada, K., Yabana
    Physical Review A70 (4) 2004年10月[査読有り]
    H Ohta, K Yabana, T Nakatsukasa
    PHYSICAL REVIEW C 70 (1) 2004年7月[査読有り]
    T Otobe, K Yabana, JI Iwata
    PHYSICAL REVIEW A 69 (5) 2004年5月[査読有り]
    Fusion reaction of halo nuclei: Proton halo versus neutron halo
    T Nakatsukasa, K Yabana, M Ito, M Kobayashi, M Ueda
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT 154 (154) 2004年
    Real-space computational method for linear and nonlinear polarizabilities
    J.-I., Iwata, K., Yabana, G.F., Bertsch
    Journal of Computational Methods in Sciences and Engineering 4 2004年1月[査読有り]
    Fusion reaction of halo nuclei: Proton halo versus neutron halo
    T Nakatsukasa, K Yabana, M Ito, M Kobayashi, M Ueda
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT (154) 2004年
    Application of an absorbing boundary condition to nuclear breakup reactions
    M., Ueda, K., Yabana, T., Nakatsukasa
    Phys. Rev. C67 2003年1月[査読有り]
    Oscillator strength distribution in C3H6 isomers studied with the time-dependent density functional method in the continuum
    T.Nakatsukasa, K., Yabana
    Chem. Phys. Lett. 374 2003年1月[査読有り]
    Solving the RPA Eigenvalue Equation in Real-Space(Nuclear Physics)
    MUTA, Atsushi, IWATA, Jun-Ichi, HASHIMOTO, Yukio, YABANA, Kazuhiro
    Progress of theoretical physics 108 (6) 2002年12月[査読有り]
    Solving the RPA eigenvalue equation in real-space
    A., Muta, J.-I., Iwata, Y., Hashimoto, K., Yabana
    Prog. Theor. Phys. 108 2002年1月[査読有り]
    Can Optical Spectroscopy Directly Elucidate the Ground State of C_20?
    A., Castro, M.A.L, Marques, J.A., Alonso, G.F., Bertsch, K., Yabana, A., Rubio
    J. Chem. Phys. 116 2002年1月[査読有り]
    Absorbing boundary condition approach for breakup reactions of halo nuclei
    K., Yabana, M., Ueda, T., Nakatsukasa
    Prog. Theor. Phys. Suppl. 146 2002年1月[査読有り]
    Application of density-functional theory to line broadening: Cs atoms in liquid helium
    T., Nakatsukasa, K., Yabana, G.F., Bertsch
    Phys. Rev. A65 2002年1月[査読有り]
    3D real-space calculation of the continuum response
    T Nakatsukasa, K Yabana
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT 146 (146) 2002年[査読有り]
    Absorbing boundary condition approach for breakup reactions of halo nuclei
    K Yabana, M Ueda, T Nakatsukasa
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT (146) 2002年
    Electron-Vibration Coupling in Time-Dependent Density-Functional Theory: Application to Benzene
    G.F., Bertsch, A., Schnell, and, K. Yabana, 矢花, 一浩
    J. Chem. Phys 115 2001年1月[査読有り]
    Real-Space Computation of Dynamic Hyperpolarizabilities
    J.-I., Iwata, K., Yabana, G, F. Bertsch
    J. Chem. Phys 115 2001年1月[査読有り]
    Photoabsorption spectra in the continuum of molecules and atomic clusters
    T., Nakatsukasa, K., Yabana
    J. Chem. Phys. 114 2001年1月[査読有り]
    Microscopic theories for the reactions of halo nuclei
    Y Ogawa, T Kido, K Yabana, Y Suzuki
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT (142) 2001年[査読有り]
    Dynamic hyperpolarizability calculation without basis functions
    J.-I., Iwata, K., Yabana, G.F., Bertsch
    Nonlinear optics 26 2000年1月[査読有り]
    Semiclassical versus quantal time-dependent mean-field descriptions of electron dynamics in ion-cluster collisions共著
    矢花, 一浩
    Phys. Rev. A61 2000年1月[査読有り]
    Time-dependent mean-field description for multiple charge-transfer processes in Ar8+-Ar collisions
    R., Nagano, K., Yabana, T., Tazawa, Y., Abe
    Phys. Rev. A62 2000年1月[査読有り]
    Application of the time-dependent local density approximation to optical activity共著
    矢花, 一浩
    Phys. Rev. A60 1999年1月[査読有り]
    Application of the time-dependent local-density approximation to collision between a highly charged ion and an atom共著
    矢花, 一浩
    J. Phys. B32 1999年1月[査読有り]
    Application of the time-dependent local-density approximation to conjugated molecules共著
    矢花, 一浩
    Int. J. Quantum Chemistry 75 1999年1月[査読有り]
    Optical response of small silver clusters共著
    矢花, 一浩
    Phys. Rev. A60 1999年1月[査読有り]
    Tetrahedral and Triangular Deformations of Z=N Nuclei in Mass Region A=60~80
    矢花, 一浩
    Physics Letters B431 1998年1月[査読有り]
    Time-dependent mean tield description for multiple electron transter in slow ion-cluster collision
    矢花, 一浩
    Physical Review A57 1998年1月[査読有り]
    Low Energy Reactions of Halo Nuclei in a Three-Body Model : Nuclear Physics
    YABANA, Kazuhiro
    Progress of theoretical physics 97 (3) 1997年3月[査読有り]
    Optical Response of Small Carbon Clusters
    矢花, 一浩
    Zitschrift f(]J1168[)r Physik D42 1997年1月[査読有り]
    Low Energy Reactions of Halo Nuclei in a Three-Body Model
    矢花, 一浩
    Progress of Theoretical Physics 97 1997年1月[査読有り]
    Damping Width of the Mie Plasmon
    矢花, 一浩
    Physical Review B56 1997年1月[査読有り]
    Alpha Clustering of Light Nuclei in the Parity Projected Mean Field Method : Nuclear Physics
    TAKAMI, Satoshi, YABANA, Kazuhiro, IKEDA, Kiyomi
    Progress of theoretical physics 96 (2) 1996年8月[査読有り]
    Time-Dependent Local Density Approximation in Real Time
    矢花, 一浩
    Physical Review B54 1996年1月[査読有り]
    Deformations of Be Isotopes Studied with Skyrme Hartree-Fock Method : Nuclear Physics
    TAKAMI, Satoshi, YABANA, Kazuhiro, IKEDA, Kiyomi
    Progress of theoretical physics 94 (6) 1995年12月[査読有り]
    Optical Properties of C60 Vibrations
    矢花, 一浩
    Physical Review B52 1995年1月[査読有り]
    Ionic core effects on the Mie resonance in lithium clusters
    矢花, 一浩
    Zeitschrift f(]E88DB[)r physik D32 1995年1月[査読有り]
    Coulomb breakup mechanism of neutron drip-line nuclei
    矢花, 一浩
    Physical Review C50 (3) 1994年1月[査読有り]
    Cold Cluster Ferromagnetism
    矢花, 一浩
    Physical Review A49 (3) 1994年1月[査読有り]
    Inelastic Electron Scattering on C60 Clusters
    矢花, 一浩
    Journal of Chemical Physics 100 (8) 1994年1月[査読有り]
    Electronic Structure of C60 in a Spherical Basis
    矢花, 一浩
    Physica Scripta 48 1993年1月[査読有り]
    Forbidden Transitions in the Absorption Spectra of C60
    矢花, 一浩
    Chemical Physics Letters 197 (1) 1992年1月[査読有り]
    Reaction Mechanism of 11Li at Intermediate Energy
    矢花, 一浩
    Nuclear Physics A539 1992年1月[査読有り]
    Break-up Effect on the Elastic Scattering and the Optical Potential of 11Li
    矢花, 一浩
    Physical Review C45 (6) 1992年1月[査読有り]
    Microscopic Analysis of the Nucleus-Nucleus Optical Potential Based on the Feshbach Projection Operator Formalism. I -Formulation and Analysis of α-16O System-
    矢花, 一浩
    Progress of Theoretical Physics 82 (6) 1989年12月[査読有り]
    Microscopic Study of the α-^<16>O Interaction on the Basis of the Realistic Effective Interaction
    YAMAGUCHI, Shinichiro, YABANA, Kazuhiro, HORIUCHI, Hisashi
    Progress of theoretical physics 82 (2) 1989年8月[査読有り]
    Microscopic Study of the Nucleus-Nucleus Interaction on the Basis of the Realistic Effective Interaction. I : Formulation : Nuclear Physics
    YAMAGUCHI, Shinichiro, YABANA, Kazuhiro, HORIUCHI, Hisashi
    Progress of theoretical physics 82 (1) 1989年7月[査読有り]
    Microscopic Study of the Nucleus-Nucleus Interaction on the Basis of the Realistic Effective Interaction. II : Physical Consideration on the Effective Interaction and Comparison with Experiments in the α-α System : Nuclear Physics
    YAMAGUCHI, Shinichiro, YABANA, Kazuhiro, HORIUCHI, Hisashi
    Progress of theoretical physics 82 (1) 1989年7月[査読有り]
    MICROSCOPIC DERIVATION OF THE NUCLEUS-NUCLEUS POTENTIAL BY THE USE OF THE DENSITY-DEPENDENT EFFECTIVE INTERACTION
    K YABANA, T WADA, H HORIUCHI
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS 79 (1) 1988年1月[査読有り]
    Cranked Cluster Wave Function for Molecular States : Nuclear Physics
    HORIUCHI, Hisashi, WADA, Takahiro, YABANA, Kazuhiro
    Progress of theoretical physics 76 (4) 1986年10月[査読有り]
    Adiabatic Viewpoint for the WKB Treatment of Coupled Channel System : Appearance of the Berry Phase and Another Extra Phase Accompanying the Adiabatic Motion : Nuclear Physics
    矢花,一浩, Horiuchi,Hisashi
    Progress of Theoretical Physics 75 (3) 1986年3月[査読有り]
    WKB TREATMENT OF BOSON HAMILTONIAN OF INTER-NUCLEUS INTERACTION
    H HORIUCHI, K AOKI, T WADA, K YABANA
    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS 70 (6) 1983年[査読有り]
  • 受賞
    2018年2月
    筑波大学BEST FACULTY MEMBER
  • 書籍等出版物
    Charged Particle and Photon Interactions with Matter - Recent Advances, Applications, and Interfaces -
    K., Yabana, Y., Kawashita, T., Nakatsukasa, J.-I., Iwata (担当:単著)
    Density functional theory, in Introduction to Computational Methods in Many Body Physics
    G.F., Bertsch, K., Yabana (担当:単著)
    First-principles density-functional approach for many-electron dynamics under intense laser fields
    K., Yabana, T., Otobe, J.-I., Iwata (担当:単著)
    Structure and Reactions of Light Exotic Nuclei
    Y., Suzuki, R.G., Lovas, K., Yabana, K., Varga (担当:単著)
    Density functional theory,in "Introduction to Modern Methods of quantum many-body theory and their applications"
    G.F., Bertsch, K., Yabana (担当:単著)
  • 競争的資金等の研究課題
    第一原理計算が拓く多元的な極限ナノフォトニクス
    基盤研究(B)
    研究期間: 2020年4月 - 2024年3月代表者: 矢花一浩
    光・電子融合第一原理計算ソフトウェアの開発と応用
    戦略的創造推進事業(CREST)
    研究期間: 2016年10月 - 2022年3月代表者: 矢花 一浩
    第一原理計算に基づく極限パルス光と物質の相互作用の解明
    基盤研究(B)
    研究期間: 2015年4月 - 2019年3月代表者: 矢花 一浩
    光と電子のダイナミクスを記述する第一原理マルチスケールシミュレーション法の開発
    科学研究費助成事業 新学術領域研究(公募研究)
    研究期間: 2013年4月 - 2015年3月代表者: 矢花 一浩
    固体中のフェムト・アト秒電子ダイナミクスに対する第一原理計算
    科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間: 2011年4月 - 2015年3月代表者: 矢花 一浩
    高強度パルス光の伝播を記述するマルチスケール・シミュレータの開発
    新学術領域研究(公募研究)
    研究期間: 2011年4月 - 2013年3月代表者: 矢花 一浩
    光に起因する電子・イオンダイナミクスに対する実時間シミュレーション法の開発
    科学研究費補助金 特定領域研究
    研究期間: 2007年4月 - 2009年3月代表者: 矢花 一浩
    フェムト秒多電子ダイナミクスの第一原理シミュレーション
    科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間: 2006年4月 - 2009年3月代表者: 矢花 一浩
    多電子ダイナミクスに対する量子シミュレータ開発
    科学研究費補助金 特定領域研究
    研究期間: 2006年4月 - 2007年3月代表者: 矢花 一浩
    光に起因する多電子ダイナミクスの量子シミュレーション
    科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間: 2002年4月 - 2005年3月代表者: 矢花 一浩
    有限電子系における電子ダイナミクスの非経験的量子シミュレーション法の確立
    科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間: 1999年4月 - 2002年3月代表者: 矢花 一浩
    クラスター系電子励起の第一原理計算
    奨励研究(A)
    研究期間: 1997年4月 - 1999年3月代表者: 矢花 一浩
    実空間での差分法による有限量子系の研究
    奨励研究(A)
    研究期間: 1996年4月 - 1997年3月代表者: 矢花 一浩
    マイクロクラスターにおける電子・振動結合とスペクトロスコピー
    奨励研究(A)
    研究期間: 1995年4月 - 1996年3月代表者: 矢花 一浩
氏名 橋本 幸男
Name Hashimoto Yukio
所属
所属研究科/学類 数理物質科学研究科/理工学群 物理学類
職名 講師
研究テーマ 原子核集団運動の微視的理論
関連リンク
Email hashimoto.yukio.gbu.tsukuba.ac.jp
  • 研究キーワード
  • 経歴
    1986年
    -
    1993年
    筑波大学 物理学系 助手
    1985年
    -
    1986年
    東京大学 原子核研究所 教務補佐員
    1984年
    -
    1985年
    学術振興会 奨励研究員
  • 論文
    Scamps, Guillaume, Hashimoto, Yukio
    PHYSICAL REVIEW C 100 (2) 2019年8月
    Regnier, David, Lacroix, Denis, Scamps, Guillaume, Hashimoto, Yukio
    PHYSICAL REVIEW C 97 (3) 2018年3月[査読有り]
    橋本, 幸男
    日本物理学会講演概要集 73 2018年
    橋本, 幸男
    日本物理学会講演概要集 72 2017年
    Gogny-TDHFBによる^<20>O + ^<20>Oの計算における相対位相の効果
    橋本, 幸男
    日本物理学会講演概要集 71 (1) 2016年3月
    Hartree-Fock and time-dependent Hartree-Fock calculations with the Gogny interaction using a Lagrange mesh
    橋本,幸男
    INFORMATION 18 (6) 2015年6月[査読有り]
    A Description of t-band in 182Os with Generator Coordinate Method
    Hashimoto,Yukio
    INFORMATION 17 2014年2月[査読有り]
    Yukio Hashimoto
    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL A 48 (5) 2012年5月[査読有り]
    Canonical-basis TDHFBを用いた線形応答計算(大振幅集団運動の微視的理論,研究会報告)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 吉田, 賢市, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    素粒子論研究 119 (1) 2011年5月
    Gogny-TDHFBによる原子核の非線形振動と緩和(大振幅集団運動の微視的理論,研究会報告)
    橋本, 幸男
    素粒子論研究 119 (1) 2011年5月
    25pGM-3 重い核(100>A)の電磁双極子振動に対するCb-TDHFB計算(25pGM 核構造I,(中重核,多体基礎論(I)),理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 66 (1) 2011年3月
    25pGM-2 TDHFBによる非軸対称非線形振動の研究(25pGM 核構造I,(中重核,多体基礎論(I)),理論核物理領域)
    三藤, 竜也, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 66 (1) 2011年3月
    正準基底時間依存ハートレーフォックボゴリュボフ理論と線形応答計算
    江幡修一郎, 中務孝, 稲倉恒法, 吉田賢市, 橋本幸男, 矢花一浩
    フィジカルレビューC 82 2010年9月[査読有り]
    Shuichiro Ebata, Takashi Nakatsukasa, Tsunenori Inakura, Kenichi Yoshida, Yukio Hashimoto, Kazuhiro Yabana
    PHYSICAL REVIEW C 82 (3) 2010年9月[査読有り]
    14aSE-6 軸対称調和振動子基底を用いた時間依存密度汎関数法による軽い核の線形応答(14aSE 軽い核構造・クラスター,理論核物理領域)
    三藤, 竜也, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 65 (2) 2010年8月
    12aSB-9 Cb-TDHFBによるA=50近辺までのE1モードの研究(12aSB 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核I(合同),理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 65 (2) 2010年8月
    11aSF-3 HFB+GCMによる指標分離の記述(11aSF 中重核構造・多体基礎論,理論核物理領域)
    橋本, 幸男, 堀端, 孝俊
    日本物理学会講演概要集 65 (2) 2010年8月
    十分に微視的な計算によるオスミウム182におけるtバンドの記述
    橋本幸男, 堀端孝俊
    情報 13 (3) 2010年5月[査読有り]
    オスミウム182における傾斜軸回転運動の量子力学的効果
    橋本幸男, 堀端孝俊
    AIP 国際会議プロシーディングス 1235 2010年5月[査読有り]
    A description of t-band in Os-182 within the fully microscopic calculation
    Yukio Hashimoto, Takatoshi Horibata
    INFORMATION-AN INTERNATIONAL INTERDISCIPLINARY JOURNAL 13 (3) 2010年5月[査読有り]
    20aBC-9 HFB+GCMによる^<182>Osのtバンドの構造(20aBC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 核構造(合同)(核分光・核モーメント・理論),実験核物理領域)
    橋本, 幸男, 堀端, 孝俊
    日本物理学会講演概要集 65 (1) 2010年3月
    20pBH-12 中重核に対するSkyrme-TDHF+"BCS"のアプローチ(20pBH 核構造,理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 65 (1) 2010年3月
    20pBH-11 TDHFBによる非線形振動運動の緩和現象の研究(20pBH 核構造,理論核物理領域)
    笹倉, 啓介, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 65 (1) 2010年3月
    20pBH-10 軸対称調和振動子基底を用いたTDHFBによる軽い核の線形応答(20pBH 核構造,理論核物理領域)
    三藤, 竜也, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 65 (1) 2010年3月
    三次元クランクハートレーフォックボゴリュボフ法による傾斜角回転とtバンド
    橋本幸男, 堀端孝俊
    ヨーロッパ物理ジャーナルA 42 2009年12月[査読有り]
    Y. Hashimoto, T. Horibata
    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL A 42 (3) 2009年12月[査読有り]
    30aXF-2 軽い核における回転運動を含めた時間依存HFB計算(30aXF 平均場模型,理論核物理領域)
    笹倉, 啓介, 橋本, 幸男, 稲倉, 恒法, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 64 (1) 2009年3月
    27pZC-10 ^<182>OsにおけるTAR状態とtバンド(27pZC 核構造(中重核,高スピン,殻模型),理論核物理領域)
    橋本, 幸男, 堀端, 孝俊
    日本物理学会講演概要集 64 (1) 2009年3月
    30aXF-8 Skyrme-TDHF+BCSを用いた線形応答計算II(30aXF 平均場模型,理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 64 (1) 2009年3月
    22aSA-7 Skyrme-TDHF+BCSを用いた線形応答計算(22aSA 平均場理論,理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 63 (2) 2008年8月
    22aSA-5 ^<182>Osにおける傾斜角回転状態の一粒子構造(22aSA 平均場理論,理論核物理領域)
    橋本, 幸男, 堀端, 孝俊
    日本物理学会講演概要集 63 (2) 2008年8月
    時間依存ハートレーフォック理論における保存則の性質
    ルー, グオ, J.A.マルーン, P.-G.ラインハルト, 橋本幸男
    フィジカルレビューC 77 2008年4月[査読有り]
    Lu Guo, J. A. Maruhn, P. -G. Reinhard, Y. Hashimoto
    PHYSICAL REVIEW C 77 (4) 2008年4月[査読有り]
    26pZH-5 TDHF+BCSを用いた実時間応答関数の計算II(多体構造・反応論,理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 63 (1) 2008年2月
    26aZH-9 ^<182>Osにおける傾斜角回転に対応するバンド状態(平均場理論,理論核物理領域)
    橋本, 幸男, 堀端, 孝俊
    日本物理学会講演概要集 63 (1) 2008年2月
    オスミウム182における回転運動の生成座標法による記述
    橋本幸男, 堀端孝俊
    理研加速器レポート 41 2008年1月
    21aYE-7 TDHF-BCSを用いた実時間応答関数の計算(21aYE 核構造,理論核物理領域)
    江幡, 修一郎, 中務, 孝, 稲倉, 恒法, 橋本, 幸男, 矢花, 一浩
    日本物理学会講演概要集 62 (2) 2007年8月
    23pYE-10 GCMによる^<182>OsのTARモードの計算(23pYE 中性子過剰核・高スピン,理論核物理領域)
    橋本, 幸男, 堀端, 孝俊
    日本物理学会講演概要集 62 (2) 2007年8月
    三次元クランクHFBに基づく生成座標法により期待されるオスミウム182核におけるウォブリング運動
    橋本幸男, 堀端孝俊
    情報 10 (2) 2007年3月[査読有り]
    Wobbling motions in Os-182 expected through the generator coordinate method based on the three-dimensional cranked HFB
    Yukio Hashimoto, Takatoshi Horibata
    INFORMATION-AN INTERNATIONAL INTERDISCIPLINARY JOURNAL 10 (2) 2007年3月[査読有り]
    三次元拘束HFBによる状態上の傾斜軸回転とウォブリング運動
    橋本幸男, 堀端孝俊
    理研加速器レポート 40 2007年1月[査読有り]
    三次元クランクHFBに基づくオスミウム182核におけるウォブリング運動の励起の可能性
    橋本幸男, 堀端孝俊
    情報に関する第4回国際会議プロシーディングス 2006年8月[査読有り]
    オスミウム182核の傾斜軸計算におけるsバンド状態の安定性
    橋本幸男, 堀端孝俊
    フィジカルレビュー C 74 2006年7月[査読有り]
    Y. Hashimoto, T. Horibata
    PHYSICAL REVIEW C 74 (1) 2006年7月[査読有り]
    カルシウム40と中性子過剰硫黄同位元素における超変形上の八重極励起の混合表示乱雑位相近似計算
    稲倉恒法, 今川博人, 橋本幸男, 水鳥正二郎, 山上雅之, 松柳研一
    原子核物理学 A 768 2006年3月[査読有り]
    T Inakura, H Imagawa, Y Hashimoto, S Mizutori, M Yamagami, K Matsuyanagi
    NUCLEAR PHYSICS A 768 (1-2) 2006年3月[査読有り]
    三次元拘束HFBと生成座標法の枠組みによる原子核構造の変化の研究
    橋本幸男, 堀端孝俊
    理研加速器レポート 39 2006年1月[査読有り]
    ハートレーフォックの枠組みによる傾斜軸回転運動
    橋本幸男, 堀端孝俊
    情報 8 (3) 2005年8月[査読有り]
    原子核の三次元回転運動の微視的理論
    橋本幸男, 堀端孝俊
    情報に関する第三回国際会議プロシーディングス 2004年11月
    スキルム・ハートレーフォックと自己無撞着乱雑位相近似から推測される静的および動的非軸対称八重極変形
    稲倉恒法, 山上雅之, 松柳研一, 水鳥正二郎, 今川博人, 橋本幸男
    現代物理学の国際ジャーナル E 13 (1) 2004年1月[査読有り]
    原子核の三次元回転運動のハートレーフォック計算
    橋本幸男, 堀端孝俊
    理研加速器レポート 38 2004年1月[査読有り]
    原子核におけるハートレー状態間の集団的トンネル運動
    香村俊武, 丸山政弘, 橋本幸男
    フィジカルレビュー C 67 2003年1月[査読有り]
    三次元正方格子上の正確な乱雑位相近似計算
    今川博人, 橋本幸男
    フィジカルレビュー C 67 2003年1月[査読有り]
    Solving the RPA Eigenvalue Equation in Real-Space(Nuclear Physics)
    MUTA, Atsushi, IWATA, Jun-Ichi, HASHIMOTO, Yukio, YABANA, Kazuhiro
    Progress of theoretical physics 108 (6) 2002年12月[査読有り]
    集団トンネル遷移への射影演算子法の適用
    香村俊武, 丸山政弘, 太田寛史, 橋本幸男
    理論物理学の進歩 107 (1) 2002年1月[査読有り]
    固有状態の分岐構造とTDHF空間の周期軌道 ‐固有状態における干渉効果‐
    橋本幸男, 津久間秀彦, 坂田文彦
    AIP コンファランス プロシーディングス 597 2001年12月[査読有り]
    原子核集団運動の非線形動力学
    坂田文彦, 丸森寿夫, 橋本幸男, ヤン, シーウェイ
    理論物理学の進歩(サプリメント) 141 2001年1月[査読有り]
    原子核集団運動における散逸の微視的動力学
    橋本, 幸男
    理論物理学の最前線(World Scientific Pub. Co. Pte. Ltd.) 2001年1月
    原子核の動的集団状態遷移に対する断熱的平均場模型
    香村俊武, 橋本幸男, 太田寛史, 丸山政弘
    フィズィカル・レヴュー C 61 2000年1月[査読有り]
    固有状態の分岐構造とTDHF相空間における周期軌道 -SU(3)モデルにおける弱い非線形性の場合-
    津久間秀彦, 橋本幸男, 坂田文彦
    理論物理学の進歩 100 (6) 1998年1月[査読有り]
    クランクHFBにおける構造変化
    岩沢和男, 坂田文彦, 寺崎, 順, 橋本幸男
    Progress in Particle and Nuclear Physics 38 1997年1月
    集団運動の構造変化の数値的研究
    橋本幸男, 岩沢和男, 坂田文彦, 成井昭夫
    理論物理学の進歩 95 (5) 1996年1月[査読有り]
    時間依存ハートレーフォック多様体における非線形共鳴
    坂田文彦, 久保隆之, 丸森寿夫, 岩沢和男, 橋本幸男
    Physical Review C 50 (1) 1994年7月[査読有り]
    量子論的非線形共鳴
    津久間秀彦, 坂田文彦, 丸森寿夫, 岩沢和男, 板橋宏, 橋本幸男, 田中武志
    Progress of Theoretical Physics 91 (6) 1994年1月[査読有り]
    ハートレーフォック変分方程式の新しい計算法
    岩沢和男, 坂田文彦, 橋本幸男, 寺崎, 順
    Progress of Theoretical Physics 92 (6) 1994年1月[査読有り]
    原子核の相の転移機構
    久保隆之, 坂田文彦, 丸森寿夫, 岩沢和男, 橋本幸男
    Nuclear Physics A 557 1993年1月[査読有り]
    A Microscopic Theory of Dissipative Nuclear Collective Motions
    橋本幸男, 坂田文彦, 丸森寿夫
    熱場の理論 1991年1月[査読有り]
    大振幅集団運動のための自己無撞着集団座標法による最適な集団運動部分空間
    橋本幸男, 坂田文彦, 丸森寿夫
    Journal de Physique Colloque C2, supplement 48 1987年1月[査読有り]
    大振幅集団運動の自己無撞着集団座標法による共鳴の場合の最適な集団部分多様体
    橋本幸男, 坂田文彦, 丸森寿夫
    Progress of Theoretical Physics 78 (6) 1987年1月[査読有り]
    TDHF理論における大振幅集団運動のための動的な集団部分空間の概念
    坂田文彦, 丸森寿夫, 橋本幸男, 村松一弘, 小倉正徳
    Prog.Theor.Phys. 76 1986年1月[査読有り]
    TDHF理論における大振幅集団運動と両立する内部励起モード
    坂田文彦, 丸森寿夫, 村松一弘, 橋本幸男
    Prog.Theor.Phys. 74 1985年1月[査読有り]
    自己無撞着集団座標法による最適な部分空間の概念の実用性
    橋本幸男, 坂田文彦, 丸森寿夫
    理論物理学の進歩 73 1985年1月[査読有り]
    原子核多体問題における集団部分空間の概念
    丸森寿夫, 坂田文彦, 宇根司, 橋本幸男
    Proc. Asia Pacific Phys. Conf. 2 1984年1月[査読有り]
    最大限に分離された集団運動部分空間のための事故無撞着集団座標の方法とそのボソン写像
    丸森寿夫, 坂田文彦, 益川敏英, 宇根司, 橋本幸男
    Nuclear Collective Dynamics 1983年1月[査読有り]
    最大限に分離された集団運動の量子論に向けた試み
    丸森寿夫, 坂田文彦, 宇根司, 橋本幸男
    Prog.Theor.Phys.Suppl. 74/75 1983年1月[査読有り]
    大振幅集団運動のための自己無撞着集団座標法の幾何学
    坂田文彦, 丸森寿夫, 橋本幸男, 宇根司
    Prog.Theor.Phys. 70 1983年1月[査読有り]
    最大限に分離された集団運動のための自己無撞着集団座標の方法
    丸森寿夫, 坂田文彦, 宇根司, 橋本幸男
    Lecture Notes in Physics 171 1982年1月[査読有り]
    集団運動の量子論―大振幅集団運動のための量子化された自己無撞着集団座標の方法―
    丸森寿夫, 坂田文彦, 宇根司, 橋本幸男, 益川敏英
    理論物理学の進歩 66 1981年1月[査読有り]
  • 受賞
  • 書籍等出版物
    NUCLEAR PHYSICS TRENDS
    Hashimoto, Yukio, Horibata, Takatoshi (担当:分担執筆, 範囲:Quantum mechanical effects in tilted axis rotation in Os-182)
    10TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES
    Ebata, S, Nakatsukasa, T, Inakura, T, Hashimoto, Y, Yabana, K (担当:分担執筆, 範囲:Linear Response Calculation using Canonical-basis TDHFB with a schematic pairing functional)
  • 競争的資金等の研究課題
    原子核集団運動の非線形動力学理論
氏名 日野原 伸生
Name Hinohara Nobuo
所属
所属研究科/学類 数理物質科学研究科/理工学群 物理学類
職名 助教
研究テーマ 二重β崩壊、原子核構造理論、密度汎関数理論、大振幅集団運動理論
関連リンク
Email hinoharaccs.tsukuba.ac.jp
氏名
Name Wen Kai
所属
所属研究科/学類
職名 研究員
研究テーマ 大振幅集団運動理論
関連リンク
Email wenkainucl.ph.tsukuba.ac.jp