学際共同利用

学際共同利用プログラムは、①学際開拓プログラム②重点課題推進プログラム③共同研究推進プログラムの3つからなります。また、共同研究および成果発表のための旅費の支援、共同研究ワークショップ開催支援なども行います。計算機利用、旅費支援を希望される方は以下をご覧ください。

学際共同利用公募

採択課題一覧

共同研究支援(旅費支援等)

「学際共同利用」謝辞の手引き

学際開拓プログラム

異分野間連携に重点をおいて行う研究の推進を奨励するものです。たとえば、計算物理学分野(理学)と数値解析分野(工学)が連携を図り、実行効率の高い計算コードの生成とこれによる大規模シミュレーションを行うプロジェクト。計算科学分野で手法を同じくする異分野間で有機的連携を行うことにより、研究の新たな展開や格段の発展を図るプロジェクトなどがあります。このプログラムは、申請の段階で連携を具体化して申し込むことができます。また、具体的な連携が出来上がっていない場合でも、連携を強く要望し、その効果が十分見込まれるプロジェクトについては、センター学際共同利用プログラム支援委員会が連携のコーディネートを支援します。
本プログラムで公募する分野は、科学分野として、素粒子分野、宇宙分野、原子核分野、物質科学分野、生命分野、地球環境分野、生物分野、化学分野。計算機工学分野として、超高速計算システム分野、計算情報学分野、数値解析分野です。

重点課題推進プログラム

大規模計算によって探究するべき計算科学の重点課題を推進するものです。本プログラムは、HA-PACSまたはCOMA(PACS-IX)の計算時間を集中配分 することで初めて可能になる革新的な課題の推進を奨励するものです。その性格上、これらの計算機を用いる明確な根拠が求められます。
本プログラムで公募する分野は、素粒子分野、宇宙分野、原子核分野、物質科学分野、生命分野、地球環境分野、生物分野、化学分野です。

共同研究推進プログラム

CCSのスタッフと共同で、自然科学や工学などにおける計算科学的手法の開発や先端研究を推進するものです。本プログラムは、こうした方針に基づく共同研究課題 を公募することにより、新しい研究課題の発掘や、その領域の拡張および革新を目指します。HA-PACS、COMA(PACS-IX)の利用を申請することができます。
本プログラムは理論研究者に閉じるものではなく、実験・観測と計算科学の共同研究によって飛躍的な展開へつながる研究課題の提案も期待されています。従来、実験・観測によって得られた基礎的成果が計算科学との協働によって大幅な発展が可能であることがわかっていても、協働の具体的方策がなく、そのまま看過されることがありました。しかし本プログラムは、実験・観測と計算科学の協奏的な発展が可能となる研究課題や領域について、共同研究課題として提案する ことによって、本センターのスタッフと共同で取り組むことを可能とします。
本プログラムで公募する分野は、科学分野として、素粒子分野、宇宙分野、原子核分野、物質科学分野、生命分野、地球環境分野、生物分野。計算機工学分野として、超高速計算システム分野、計算情報学分野、数値解析分野です。