学際共同利用公募

平成30年度 公募案内

今年度から申請がオンライン申請になります。

計算科学研究センター(以下 センター)では, 下記 2 つのスーパーコンピュータを運用しています。

  • ・メニーコアコプロセッサ(Knights Corner アーキテクチャ)搭載スパコンCOMA(PACS-IX)。2014年より運用, 1001 TFLOPS, 内 CPU:157 TFLOPS, メニーコアコプロセッサ:844 TFLOPS。
  • ・メニーコアプロセッサ(Knights Landing アーキテクチャ)搭載スパコンOakforest-PACS (OFP)。 2017年4月より本格運用, 25 PFLOPS, 東京大学情報基盤センターと筑波大学計算科学研究センターが共同運営する最先端共同HPC基盤施設が運用。以下では, OFPと呼ぶ。

センターでは, 全国の学際的計算科学の発展に資するべく「学際共同利用プログラム」を実施し, COMA (PACS-IX)の約50%の計算機資源, そしてOFPの筑波大運用計算資源の約30%(全資源の約10%)を本プログラムに供します。公募プログラムは, (1) 学際開拓プログラム, (2) 重点課題推進プログラム, (3) 共同研究推進プログラムです。奮ってのご応募をお待ち申し上げます。

平成30年度 学際共同利用日程

公募期間:       平成29年12月25日(月)〜平成30年 1月24日(水)24:00
             (メンバー登録は1月26日(金)24:00まで可能) 
ヒアリング課題通知:  平成30年 2月23日(金)
ヒアリング:      平成30年 3月 2日(金)
採択決定通知:     平成30年 3月23日(金)
利用期間:       平成30年 4月 1日〜平成31年 3月31日
中間・成果報告会:   平成30年秋頃

公募案内、オンライン申請

平成30年度 公募案内 【PDF版
平成30年度 応募フォーム【Word

オンライン申請  【オンライン申請の手引き】 【メンバー登録の手引き

よくあるご質問、その他のご案内

筑波大スパコンシステム(学際共同利用、大規模一般利用、HPCI 利用)に関するQ&A

筑波大スパコンシステム Q&A

筑波大学計算科学研究センタースーパーコンピュータについて

計算科学研究センターのスーパーコンピュータについて

過去の学際共同利用

採択課題一覧

お問い合わせ

ご質問お問い合わせは、電子メールにてお願いします。(※スパム防止のため、@を[at]と記載しています。)

学際共同利用プログラムの運営や採択に関して

◇学際共同利用委員会  project-adm[at]ccs.tsukuba.ac.jp

共同利用に関わる計算機の技術事項に関して

◇共同利用サポート担当委員  project-support[at]ccs.tsukuba.ac.jp

オンライン申請に関して

project-register[at]ccs.tsukuba.ac.jp