計算メディア分野

分野リーダー

kameda

亀田 能成 (筑波大学計算科学研究センター 教授)

博士(工学)。1996年3月京都大学 大学院 博士後期課程 研究指導認定退学。1999年7月京都大学博士(工学)受領。 京都大学助手、MIT客員研究員、筑波大学講師、助教授、准教授を経て現職。映像メディア、画像メディアを中心とする 計算メディアに基いて、人と情報との関わりをより洗練させていくための研究に従事。電子情報通信学会マルチ メディア・仮想環境基礎(MVE)研究会委員長。

メンバー

研究分野の概要

カメラなどのセンシング機能と潤沢な計算資源をコンピュータネットワーク上で融合することによって具現される、計算メディアの研究を推進しています。自由視点映像、複合現実型情報提示、シースルービジョンなど、次世代の映像メディア技術、視覚増強技術の実現を目指しています。

研究紹介

①分野の説明

計算メディアとは、カメラなどの実世界をセンシングする機能と潤沢な計算資源とを、コンピュータネットワーク上で融合することによって実現される先端的な情報メディアです。人間社会とそれを取り巻く環境の情報を、誰もが必要な時に最適な形で手に入れることを支援する情報メディアの実現を目指し、研究を進めています。そのために、映像情報の高度で知的な加工技術に加えて、多種多様なセンサ群を適切に組み合わせて現実社会の状況を知る仕組み、情報を受け取るユーザを確認してその人に合わせて加工する仕組み、などの研究も進めています。

②研究トピック

○自由視点映像中継:自分の好みの視点から観戦可能な次世代スポーツ映像中継システム

○シースルービジョン:監視カメラなどのセンサ情報を、被写体である一般市民に開放することにより、眼に見える便利さという価値を提供する枠組み

○協調型複合現実感:実世界と仮想世界をシームレスに融合した複合現実感を利用する次世代コミュニケーション技術

○マッシブセンシング:膨大(マッシブ)な数の環境カメラ群による多視点同時観測技術

○環境カメラ映像とモバイルカメラ映像の特長を統合した次世代映像監視技術

○歩行者に装着したカメラ映像から市中での歩行位置を求める技術

○多視点映像を高精細かつ滑らかに切り替えることで実現する 高臨場感技術

③研究成果

我々は、サッカー場のような大規模空間において行われるイベントを多数のカメラで撮影し、それらの映像データを計算機内部で統合することにより、任意視点からの見え方(自由視点映像)を生成・提示する研究に取り組んでいます。昨年は、自由視点映像をより多くのユーザに楽しんでもらうために、選手の視線からゲームを観察する方式(図1)、両手を使って自在に仮想カメラを撮影する閲覧システム(図2)、広く普及しているタブレット端末を用いて簡単・快適な視聴を可能にする方式(図3)の研究に取り組み、国内外学会における発表を通じて高い評価を得ています。

cm1 図1 選手視点映像 cm2 図2 自由視点映像閲覧システム cm3 図3 タブレット端末を用いた自由視点映像視聴方式 関連リンク:画像情報研究室

(最終更新日:2017.3.21)