お知らせ

FORTRAN初級講座でミクロの世界物理学を学ぼう 講座申込受付開始しました

筑波大学エクステンションプログラム 『FORTRAN初級講座でミクロの世界物理学を学ぼう』の講座申込受付を開始しました。

開催期間 :10月14日(土)・15日(日)(全2日間)

趣旨:筑波大学計算科学研究センターでは、様々な分野の計算科学の研究に取り組んでいます。原子核物理学の分野では、自然界に存在する原子核に加えて、超新星爆発後に生まれる巨大な原子核(中性子星)、宇宙で生成消滅を繰り返す原子核など、元素誕生の謎を解く鍵になるその構造や反応の解明を目指しています。本講座では、FORTRANプログラミングの基礎から始めて、古典力学と量子力学の方程式を数値的に解き、シミュレーションを通して、ミクロ世界の物理学を学びます。座学3回とプログラミング演習9回の講座です。
全2日(全プログラム)を受講された方は、筑波大学発行の受講修了証が授与されます。

受講対象者:PCの利用に慣れている方で、FORTRANプログラミングに興味があり、物理のシミュレーションをしてみたい方

受講人数:15名 先着順 (最少人数10名)

申込締切:9月15日(金)まで

開催場所:筑波大学  1D棟 サテライト室1D301
(〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1)

詳細はエクステンションプログラムwebsiteでご確認ください。

チラシはこちら